2015年9月 3日 (木)

今日の集会から

朝夕は少し涼しくなってきたかな? と思わせる今日この頃です。

あっという間にもう9月。
夏休みには遊びに来てくれていた ちびっ子達の姿がなく少しさみしいゲート前。
今頃は学校でお勉強しているのかしら?
さて、今日の辺野古大学は午前は 北上田さんによる抗議と午後は平ゆきさんのコンサートという豪華2本立。
北上田さんが用意してくれた資料150部が足りなくなるほどの人、人、人でした。
防衛局が作業再開にあたりどのようなことをしてくるか?
工事計画には問題となることがたくさんあるのですが、一つ一つ具体的にどこに問題があり、この計画を認めることができないのかをわかりやすく話してくれました。
時間も少しオーバーしてしまいましたが、それでも後から後から質問にやってくる人がいるくらいみなさん熱心に聞いていました。
お昼休憩をはさみ、ラテンミュージシャンの平ゆきさんのコンサートも行われました。
前半少しだけ小雨がぱらつきましたが、雨雲も雨を落とすのをぐっとこらえゆきさんの歌声に酔いしれていたようです。 
ラテンミュージックにもかかわらず、ゲート前の皆さんノリノリ! ゆきさんのリードで歌って手拍子してみんなで参加することができました。
伴奏をしてくれた方も、こんな道路の横でコンサートをされたことなんてないでしょうが素敵な音を奏でてくれました。  
そして、今日も県内・県外、海外から辺野古にいらっしゃいました。
沖縄市から来たという男性は 、いつも気になっていて、実際この集会の前を車で通ったことがあるけどなかなか参加することができなかった。しかし、今日ここに来れてよかった。と話してくれました。  
最初の一歩を踏み出すのはかなりの勇気が必要だと思います。   ベテラン参加者の皆さんから大きな拍手が起こりました。 みんな嬉しそうでした!
続いて 群馬県からお見えになった男性。 なんと半年前にご家族と抗議船に乗り、フロートの近くで海保と押し合いへし合いしている場面を目の当たりにされたとのこと。
ご家族で旅行したこの辺野古の海を埋めたくない!との思いで、今回はお一人で再び沖縄に来られ、集会に参加してくれました。
さらに島ぐるみバスにのってやってきたイタリアの女性。
彼女はこの戦いが世界中の人が知ってくれれば多くの人が沖縄のことを支持してくれる!そのために私も協力します。と話してくれました。
海外からも多くの人が訪れ、この沖縄の自然のすばらしさ、そしてここに基地を作らせないと闘っている私たちの運動に一緒に参加し、それを持ち帰りそれぞれの場所で伝えてくれています。
世界が平和であれば、たとえ国境があっても自然も、文化もみんなで共有して行くことができるのにと思います。
今日も辺野古に来てくださった皆さんから元気と勇気をもらいました。
どうもありがとうございます!

2015年9月 1日 (火)

大浦湾の写真です!

皆さまこんばんは!

8月29日(土)の辺野古大学では理学博士・珊瑚研究者 日本自然保護協会の阿部真理子さんの講義がありました。
身近なこの大浦湾に多様な生物が住んでいて、これはとっても貴重な環境であるということ。阿部さんのタイトル「人類の宝・大浦湾」にもあるように、本当に宝ものだとこの講義を聞いてさらに知識が深まりました。
そして、8月30日(日)は海に出ましたー!!
大浦湾で撮影したお魚を少しおすそ分け
Photo                                                セジロクマノミ
P8130343_2
                                                   ハマクマノミ
P8130330                                        
                                              チョウチョウウオの仲間?かな
 
Photo_2                                                色とりどりのサンゴ
自分たちの住処を壊されてしまうかもしれない。
だけど、反対の声を上げることもできない小さな生き物たち。
この海をこのままずっと残していきたい
また明日からもがんばろう!と思えるのでした。

«桜井先生の学習会@那覇