« 辺野古総合大学 夏季集中講座開講! | トップページ | 桜井先生の学習会@那覇 »

2015年8月27日 (木)

ウンケー無事に終わりました。

こんにちはー! 昨日8月26日(旧暦の7月13日)無事にウンケーの儀式を行うことができました。
くわっちーも用意して読経も上げ、線香をみんなでたてました。

Photo

沖縄戦遺骨収集ボランティアをしているガマフヤーの具志堅さんによると、ここキャンプシュワブは大浦埼収容所として伊江島をはじめとする各地から強制的に住民が収容された場所でした。ここは戦後早い時期に米軍基地となったため、多くの未収骨の遺骨が眠っている可能性が高い場所であると話してくれました。
まだご家族のもとへと帰れず、米軍基地の中で見つけに来てくれることを待っているであろう先輩たち。

辺野古新基地建設を断念させ、平和な島沖縄を取り戻し沖縄戦で命を落とした先輩たちもあの世で安心できるようにと参列者が手を合わせていた時でした。

Photo_2

米軍のヘリCH53が何度も私たちがウークイの儀式をしている真上を旋回していきました。

‟こんなのってない。”  涙ぐむ参列者もいました。

ご先祖様に帰ってきてくださいと手を合わせているときに、戦没者の皆様に帰ってきてくださいと語り掛けているときに、命を奪われた米軍機がその上を飛ぶ。

__2

これが今の沖縄なんだと感じました。

それでも何とかウンケーの儀式は終わり、その後は三線とこのために駆けつけてくれた太鼓の青年。
初めて会ったとは思えないほどお二人の息はぴったりでした。

Photo_3

最後はカチャーシーでしめ、なんと赤ちゃんまで参加していましたよ!

ちなみに ウークイは辺野古新基地建設断念させるまではお預けだそうです。
みんなで力を合わせて勝利を勝ち取る!そのためにはウヤファージの力も必要なのです。

来年はウークイしますよーー!!

そして8月31日14:00から辺野古大学の講座第2弾 上原一夫さん(元国頭村村議)によ 過去に学ぶ①「伊武だけの米軍射撃訓練場阻止の闘い」が開催されます。

それに先立ち 沖縄タイムスのカメラマンだった大城弘明さんよりキセンバル・国頭の演習阻止の写真を提供していただきました。

すごい時代があったんだなぁ。先輩たちはずっと頑張ってきてくれたんだなぁ。と勇気が出ました。
実際にこの闘いに参加していた人が写真を見ながら説明をしてくれて、当時の熱い想いと行動力にさらに尊敬の気持ちが強くなりました。

ほんとうに すごい!! 内容過ぎてここでは説明できないくらいです。
なのでぜひ皆様 写真を見に来て31日は講座も聞きにいらしてくださいね!!
Photo_4

« 辺野古総合大学 夏季集中講座開講! | トップページ | 桜井先生の学習会@那覇 »